キャンプの持ち物|必須の物からおすすめまで|キッチン編

前回はテント編、リビング編とやってきましたが、今回はキッチン編。

リビングと同様キッチンも各々のスタイルがあると思いますので、あくまで参考例として、必要な物を判断して持っていってください。

キャンプの持ち物(キッチン編)

バーベキューコンロ
キャンプと言えばバーベキュー!!ビール片手に肉や魚介類を焼いてワイワイ楽しみたい!外で食べるご飯は格別ですね。
バーベキューコンロは様々なタイプ、大きさのものがあります。
人数や目的に応じて選ぶようにしましょう。
炭ばさみ
主に炭などの火の着いた燃料などを掴むときに使います。先端の形状も炭を掴めるようにギザギザとしているタイプが多いです。
ステンレス製で耐久性もある少し柄の長いものがおすすめです。
焼き網
バーベキューコンロに付属してくる網だけではなく、替え網も持っていきましょう。
人数などにもよりますが1枚の網だけで焼くと網の焦げが肉にくっつくと苦味が出てしまうなど味が落ちてしまいます。
我が家では常時2、3枚の替え網をもってっています。
鉄板
焼きそばや、お好み焼きなどの鉄板料理をする場合、忘れずに持っていきましょう。
焼きそば位であれば、特に鉄板を用意することもなく、使い捨てのアルミトレーがおすすめです。
軍手

準備や片付け時に使います。
BBQ中トングを使っていても結構手が熱くなるので使う場合がありますが、燃えてしまう恐れがあるので革製のBBQグローブ等を使うようにした方がいいかもしれません。

団扇
火熾しや火力調整時に使います。
火熾しも団扇を使わないでやる方法が様々ありますが、一時的に火力をあげる時などに使えるので持っていくと便利です。
消し壺
使い終わった炭を片付けるのに便利です。
また、消し壺で消した炭は火付きもよいので次回のBBQでとても重宝します。
焚き木台
最近は直火ができるところが少なくなってきました。
直火NGだけど焚き火がしたい!
そんな時は焚き木台を使いましょう。
ゆらゆら揺れる炎を見つめながらしっとりと飲むのが大好きなので、我が家では必ず持っていきます。
色々な形状がありますので、好みの物を選びましょう。
ツーバーナー(シングルバーナー)
色々な料理をしたい方は持っていくと便利です。
燃料がガスのものやホワイトガソリンなどあります。
我が家では基本的にBBQコンロと焚き火で調理してしまうので持っていません。
しかし、朝ちょっとお湯沸かしたり、目玉焼き作ったり、ウィンナー焼いたりする時一々炭を熾すのも面倒くさいのでカセットコンロを持って行ってます。
いきなりツーバーナー買うのもいいですが、まずはカセットコンロで代用してみるのもいいと思います。
炭は色々種類があります。
ホームセンターなどでよくある3㎏500円前後のマングローブ炭から1kg1500円前後の備長炭まで様々です。
炭で味が変わるのか。
比べ物にならないくらい変わります。
やはり高級備長炭でじっくり焼く肉は本当にうまいです。
用途に応じて使い分けるといいでしょう。
どのくらい持っていけばいいかというと1人当たり1kgを目安にするといいようです。
焚き火をしたり、米を炊いたりする時使います。
米は炭でも炊けますけれど、我が家では薪で炊いています。
なた
薪を割ったりするとき使います。
トング
肉を焼くときに使います。
菜箸でもOKですが、トングの方が格段に楽です。
因みに、割りばしだと短すぎるためやけどします。
クッカー
フライパンや鍋など普段使っているものを持っていってもいいですが重いしかさばるので、コンパクトにスタッキングでき、しかも軽いのでクッカーはとても便利です。
アルミ製の物、ステンレスの物、チタン製の物色々あるので用途に見合ったものを用意しましょう。
ライター・チャッカマン
着火するのに使います。
ライターでもチャッカマンでもOKですが、チャッカマンの方が何かと便利です。
クーラーボックス
食材管理に欠かせないクーラーボックス。
クーラーボックスの保冷力を保つためにはなるべく開けない、日陰に置く、地面に直接置くのではなくすのこなどの上に置くことです。
開閉回数を減らすため我が家では3つのクーラーボックスを持っていっています。
保冷剤
食材や飲み物を冷やすため保冷剤が必要です。
保冷力が高い保冷材など各メーカーから色々出ていますが、我が家ではお茶や水のペットボトルを凍らせて保冷剤代わりに使っています。
そして隙間をケーキ購入時などに付いてくる保冷剤を敷き詰めます。
この方法で高級な保冷剤を使わずとも夏場の2泊キャンプでも帰りまで保冷することができます。
包丁・まな板
食材をあらかじめ切っていくと楽なので、我が家では野菜など切っていてしまうのですが、なんだかんだ包丁は使います。
まな板は牛乳パックで代用もできます。
ドライネット
食器を乾燥させるため吊るされているのが「ドライネット」です。
家庭とは違い洗ったままの食器を置いておくと、砂ぼこりなどで汚れてしまいます。また食器だけでなく、ネットが虫を防いでくれるので野菜や肉、魚なども乾燥させることができますので燻製をつくる場合などのも重宝します。
食器セット
紙皿や紙ボウルなどでももちろんOKですが、コンパクトに収納できる食器セットがあると便利です。
紙皿を使う場合はBBQなど油物が多いと思いますので耐油性の紙皿がいいと思います。
調味料
料理によって適宜用意しましょう。
我が家が普段持っていっている調味料は、オリーブオイル・塩コショウ・食塩・味噌・マヨネーズ・ほんだし・醤油・ニンニクチューブ・生姜チューブ・梅肉チューブ・わさびです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です