消壺(チャコール缶)

これは使い終わった炭を水を使わず密閉消火する事ができる缶です。

皆さん、使い終わった炭はどのように処理されていますか?

意外と使い終わった炭を処理するのは面倒くさいのです。

炭捨て場があれば鎮火後そこに捨てればいいだけなのですが、そのような設備がない事も当然あります。

その場合各自責任をもって持ち帰らないといけません。

決して土に埋めて完了!何てことしては絶対ダメです。

炭は土に還りません!!

また、この行為とても危険なのです。
最近も砂浜に埋めた炭が原因で大やけどをした子供のニュースがありました。

では、どのように処理をするか。

1.燃やしきる

時間があるときは燃やしきってしまう方法です。

安全に気を付けて放っておけばいいだけなのでとても簡単です。

しかし、日帰りのBBQなどではこの方法は時間がかかりすぎてしまいます。

また、コンロに入っているとはいえ消火されていない状態で放置するのは非常に危険なので目は離さないようにしましょう。

2.バケツに水を張り一つずつ炭を入れていく

急いでいるときの消し方です。

燃えないバケツに水を張り炭を一つずつ入れて消していきます。

コンロに直接水をかけるのはとても危険です。

水蒸気でやけどをしたり、コンロが変形してしまう可能性があります。

また、プラスティック製のバケツだと熱で穴が空く場合があります。

因みに私は一度穴をあけた経験があります。

まぁ、ちょっと考えればわかることなんですけどね。

3.消壺で消す

今回の記事の本題消壺で消すです。

消壺に使い終わった炭を入れて蓋をすれば終わりです。

燃えるためには酸素が必要なので密閉すると酸素がなくなり一酸化炭素が充満し燃え尽きます。

また、この消炭再利用できるのです。

消炭は火付きがとてもいいので次回の火おこしが格段楽になりますので我が家ではとても重宝しております。

ただ、この消壺気を付けないといけない点があります。

直火不可のキャンプ場の場合地面に置いたまましようしたり、可燃物の近くでは使用しないようにしましょう。

完全消火されるまでとても高温になります。なので地面に置いていると直火と同じ状態になります。また可燃物が近くにあると発火する可能性があります。

また、やけどにも注意しましょう。
子供たちが走り回っていたりしてぶつかったり、片付けをしてる人がうっかり触ってしまったりすると一瞬で大やけどです。

炎が見えていない分、うっかり触ってしまうことがあるようです。

必ず周りに注意喚起をし、完全に消火されるまで目を離さないようにしましょう。

炭は予想以上に高温になります(1000℃以上になる事もあります)

一度火がつくと簡単に消えてくれません。

消えたと思ってもまだ火がついている場合がありますので消火はきちんと行いましょう。

どの方法においてもBBQが終わりの段階でほとんどが燃えきるように調整すると片付けが楽です。

因みに我が家で使用してるチャコール缶。

使用してみた感想は安い割にとても重宝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です