キャンプの持ち物|必須の物からおすすめまで|キッチン編

前回はテント編、リビング編とやってきましたが、今回はキッチン編。

リビングと同様キッチンも各々のスタイルがあると思いますので、あくまで参考例として、必要な物を判断して持っていってください。

キャンプの持ち物(キッチン編)

バーベキューコンロ
キャンプと言えばバーベキュー!!ビール片手に肉や魚介類を焼いてワイワイ楽しみたい!外で食べるご飯は格別ですね。
バーベキューコンロは様々なタイプ、大きさのものがあります。
人数や目的に応じて選ぶようにしましょう。
炭ばさみ
主に炭などの火の着いた燃料などを掴むときに使います。先端の形状も炭を掴めるようにギザギザとしているタイプが多いです。
ステンレス製で耐久性もある少し柄の長いものがおすすめです。
焼き網
バーベキューコンロに付属してくる網だけではなく、替え網も持っていきましょう。
人数などにもよりますが1枚の網だけで焼くと網の焦げが肉にくっつくと苦味が出てしまうなど味が落ちてしまいます。
我が家では常時2、3枚の替え網をもってっています。
鉄板
焼きそばや、お好み焼きなどの鉄板料理をする場合、忘れずに持っていきましょう。
焼きそば位であれば、特に鉄板を用意することもなく、使い捨てのアルミトレーがおすすめです。
軍手

準備や片付け時に使います。
BBQ中トングを使っていても結構手が熱くなるので使う場合がありますが、燃えてしまう恐れがあるので革製のBBQグローブ等を使うようにした方がいいかもしれません。

団扇
火熾しや火力調整時に使います。
火熾しも団扇を使わないでやる方法が様々ありますが、一時的に火力をあげる時などに使えるので持っていくと便利です。
消し壺
使い終わった炭を片付けるのに便利です。
また、消し壺で消した炭は火付きもよいので次回のBBQでとても重宝します。
焚き木台
最近は直火ができるところが少なくなってきました。
直火NGだけど焚き火がしたい!
そんな時は焚き木台を使いましょう。
ゆらゆら揺れる炎を見つめながらしっとりと飲むのが大好きなので、我が家では必ず持っていきます。
色々な形状がありますので、好みの物を選びましょう。
ツーバーナー(シングルバーナー)
色々な料理をしたい方は持っていくと便利です。
燃料がガスのものやホワイトガソリンなどあります。
我が家では基本的にBBQコンロと焚き火で調理してしまうので持っていません。
しかし、朝ちょっとお湯沸かしたり、目玉焼き作ったり、ウィンナー焼いたりする時一々炭を熾すのも面倒くさいのでカセットコンロを持って行ってます。
いきなりツーバーナー買うのもいいですが、まずはカセットコンロで代用してみるのもいいと思います。
炭は色々種類があります。
ホームセンターなどでよくある3㎏500円前後のマングローブ炭から1kg1500円前後の備長炭まで様々です。
炭で味が変わるのか。
比べ物にならないくらい変わります。
やはり高級備長炭でじっくり焼く肉は本当にうまいです。
用途に応じて使い分けるといいでしょう。
どのくらい持っていけばいいかというと1人当たり1kgを目安にするといいようです。
焚き火をしたり、米を炊いたりする時使います。
米は炭でも炊けますけれど、我が家では薪で炊いています。
なた
薪を割ったりするとき使います。
トング
肉を焼くときに使います。
菜箸でもOKですが、トングの方が格段に楽です。
因みに、割りばしだと短すぎるためやけどします。
クッカー
フライパンや鍋など普段使っているものを持っていってもいいですが重いしかさばるので、コンパクトにスタッキングでき、しかも軽いのでクッカーはとても便利です。
アルミ製の物、ステンレスの物、チタン製の物色々あるので用途に見合ったものを用意しましょう。
ライター・チャッカマン
着火するのに使います。
ライターでもチャッカマンでもOKですが、チャッカマンの方が何かと便利です。
クーラーボックス
食材管理に欠かせないクーラーボックス。
クーラーボックスの保冷力を保つためにはなるべく開けない、日陰に置く、地面に直接置くのではなくすのこなどの上に置くことです。
開閉回数を減らすため我が家では3つのクーラーボックスを持っていっています。
保冷剤
食材や飲み物を冷やすため保冷剤が必要です。
保冷力が高い保冷材など各メーカーから色々出ていますが、我が家ではお茶や水のペットボトルを凍らせて保冷剤代わりに使っています。
そして隙間をケーキ購入時などに付いてくる保冷剤を敷き詰めます。
この方法で高級な保冷剤を使わずとも夏場の2泊キャンプでも帰りまで保冷することができます。
包丁・まな板
食材をあらかじめ切っていくと楽なので、我が家では野菜など切っていてしまうのですが、なんだかんだ包丁は使います。
まな板は牛乳パックで代用もできます。
ドライネット
食器を乾燥させるため吊るされているのが「ドライネット」です。
家庭とは違い洗ったままの食器を置いておくと、砂ぼこりなどで汚れてしまいます。また食器だけでなく、ネットが虫を防いでくれるので野菜や肉、魚なども乾燥させることができますので燻製をつくる場合などのも重宝します。
食器セット
紙皿や紙ボウルなどでももちろんOKですが、コンパクトに収納できる食器セットがあると便利です。
紙皿を使う場合はBBQなど油物が多いと思いますので耐油性の紙皿がいいと思います。
調味料
料理によって適宜用意しましょう。
我が家が普段持っていっている調味料は、オリーブオイル・塩コショウ・食塩・味噌・マヨネーズ・ほんだし・醤油・ニンニクチューブ・生姜チューブ・梅肉チューブ・わさびです。

キャンプの持ち物|必須なものとおすすめアイテム

初めてキャンプ行こう!と思った時、

キャンプって一体何を持っていったらいいのかわからない。

そんな声をよく聞きます。

行ってから、忘れ物に気付きテンションが下がらないよう、持ち物を確認していきましょう!

テント関連の持ち物(テント編)

テント本体
(必須)まず、絶対必要なテント。買ったばかりのテントの場合、そのまま持っていくのではなく、一度広げて付属品や組み立て方法を確認しましょう。大抵の場合は張り綱やペグ、ハンマーなどテントを設営するのに必要最低限のものは付属品として入っていますが、たまたま入っていなかったとなるとテントを設営できなくなってしまいますので必ず持っていく前に確認しましょう。
ペグ
(必須)基本的にはテントの付属品として付いてきます。しかし、付属品で付いてくるペグは短いアルミピンペグなどがほとんどです。このペグだと固い地面などには打ち込めません。また、強風が予想される場所では、少し頼りないです。必要に応じてペグを持っていきましょう。
尚、アルミピンペグは曲がりやすいので数本予備を必ず持っていきましょう。
ロープ(張り綱)
(必須)これも基本的にはテントの付属品で付いてきます。自在金具がついているか確認しましょう。自在金具がついている場合は特に問題ないのですが、付いていない場合は行く前にもやい結びと自在結びをできるように練習しておきましょう。
ハンマー
(必須)これも基本的にはテントの付属品で付いてきます。が、ほとんどの場合プラスチック製のハンマーでしょう。可能ならば金属製のハンマーを持っていくとペグの打ち込みが格段にはやくなります。
グランドシート
(必須)テントの下に敷くシートです。テントに付属している場合もありますが、付属していない場合も多いです。グランドシートはテントの底を汚れから守ったり、埋まっている岩などでテントの底を破れないように保護したり、底からの浸水を防ぐ役割があります。
グランドシートを別で用意する場合は、テントの底のサイズより若干小さめなものを選びましょう。
テントの底からはみ出してしまうと、雨水の受け皿となり、テント底からの浸水につながります。
グランドシートは厚めのブルーシート等でも代用できます。
この場合もやはりテントの底からはみ出ないよう加工してあげるといいと思います。
寝袋(シュラフ)
(必須)夏場でも深夜から早朝は意外にも冷え込むことがあります。
暑い場合でも敷布団としても使えるので必ず持っていきましょう。
寝袋には推奨温度が設定されています。
寒くて寝られないという事が無いよう適切な寝袋を持っていくようにしましょう。
インナーマット
テントでの睡眠を快適に保ってくれます。地面の冷えや凹凸を防いでくれるため、必需品ではないのですが、あると快適に過ごせます。
我が家では折り畳みの銀マットで代用しています。
これがとても快適。
クッション性抜群で寝心地がいいです。
ただ、妻は可愛くないと言って銀マットの上に更に薄めのシートを敷いています。
エアーマット
テントでの睡眠を更に快適に保ってくれます。
エアーマットにはコンプレッサで空気を注入するものや自動誇張式の物など様々なタイプのものがあります。
我が家では自動誇張式&枕付きの物を使っていて確かに快適です。
タオルケット、毛布
夏場でも夜は冷え込むことがあります。そんな時シュラフだけでは耐えられない場合もあるので、持っていくと重宝します。
また、固いフィールドや凸凹したフィールドの時、毛布を下に敷くだけで寝やすくなります。
枕が変わると寝られない方は、忘れずにいつも使っている枕を持っていきましょう。
私は、エアーマットに付いている枕を使ったり、タオルを何枚か重ねて寝ています。
小さめの電池式ランタン
夜、テントの中は真っ暗です。何も見えません。
特に小さい子供がいる場合は常夜灯として使える電池式のランタンを持っていくことをお勧めします。
調光できるランタンであれば、それでもいいと思います。
あまり明るいと寝づらいばかりか、周りに迷惑となります。

CAPTAIN STAG ペグ抜取器

意外と役に立つ小物、ペグ抜取器。

これがあると、ペグ抜きが格段楽になります。

安くて軽くていいのですが、ちょっと抜けづらいペグを抜こうとしたところ少し曲がってしまいました。

もうちょっと強度があるといいなぁと思いました。

 

因みにハンマーは家で余っていたハンマーを使っているのでこのペグ抜取器を選びましたが、これからハンマーを揃える人は普通にペグハンマーを購入したほうが便利かもしれないですね。

 

 

この様な道具がない時、どうやって抜くのでしょうか。

余っているペグをT字上に引っ掛けて抜きます。

抜けづらい時はペグを蹴ったり、回したりすると抜けやすくなります。

また、ロープを引っ掛けて抜いたり、方法はいくらでもあるので必要ないと言えば必要ないのですが、テントとタープで25本以上抜かなくてはいけないのでペグ抜取器はあったほうがいいと思います。

消壺(チャコール缶)

これは使い終わった炭を水を使わず密閉消火する事ができる缶です。

皆さん、使い終わった炭はどのように処理されていますか?

意外と使い終わった炭を処理するのは面倒くさいのです。

炭捨て場があれば鎮火後そこに捨てればいいだけなのですが、そのような設備がない事も当然あります。

その場合各自責任をもって持ち帰らないといけません。

決して土に埋めて完了!何てことしては絶対ダメです。

炭は土に還りません!!

また、この行為とても危険なのです。
最近も砂浜に埋めた炭が原因で大やけどをした子供のニュースがありました。

では、どのように処理をするか。

1.燃やしきる

時間があるときは燃やしきってしまう方法です。

安全に気を付けて放っておけばいいだけなのでとても簡単です。

しかし、日帰りのBBQなどではこの方法は時間がかかりすぎてしまいます。

また、コンロに入っているとはいえ消火されていない状態で放置するのは非常に危険なので目は離さないようにしましょう。

2.バケツに水を張り一つずつ炭を入れていく

急いでいるときの消し方です。

燃えないバケツに水を張り炭を一つずつ入れて消していきます。

コンロに直接水をかけるのはとても危険です。

水蒸気でやけどをしたり、コンロが変形してしまう可能性があります。

また、プラスティック製のバケツだと熱で穴が空く場合があります。

因みに私は一度穴をあけた経験があります。

まぁ、ちょっと考えればわかることなんですけどね。

3.消壺で消す

今回の記事の本題消壺で消すです。

消壺に使い終わった炭を入れて蓋をすれば終わりです。

燃えるためには酸素が必要なので密閉すると酸素がなくなり一酸化炭素が充満し燃え尽きます。

また、この消炭再利用できるのです。

消炭は火付きがとてもいいので次回の火おこしが格段楽になりますので我が家ではとても重宝しております。

ただ、この消壺気を付けないといけない点があります。

直火不可のキャンプ場の場合地面に置いたまましようしたり、可燃物の近くでは使用しないようにしましょう。

完全消火されるまでとても高温になります。なので地面に置いていると直火と同じ状態になります。また可燃物が近くにあると発火する可能性があります。

また、やけどにも注意しましょう。
子供たちが走り回っていたりしてぶつかったり、片付けをしてる人がうっかり触ってしまったりすると一瞬で大やけどです。

炎が見えていない分、うっかり触ってしまうことがあるようです。

必ず周りに注意喚起をし、完全に消火されるまで目を離さないようにしましょう。

炭は予想以上に高温になります(1000℃以上になる事もあります)

一度火がつくと簡単に消えてくれません。

消えたと思ってもまだ火がついている場合がありますので消火はきちんと行いましょう。

どの方法においてもBBQが終わりの段階でほとんどが燃えきるように調整すると片付けが楽です。

因みに我が家で使用してるチャコール缶。

使用してみた感想は安い割にとても重宝しています。

CAPTAIN STAG シルバーキャンピングジャバラマット 100×200cm

いわゆる銀マットです。

インナーマットとして重宝しています。

キャンプ場は結構フラットに見えても凸凹しています。何も敷くことなく寝ようとすると結構気になります。

このマットは厚さ8mmあるので多少の凸凹は気になりません。

また、地面からの冷えを遮断してくれます。

 

ジャバラ式にしたのは巻癖が付かないので使いやすいと考えたからです。

因みにたたむと100×32×5cmになります。

結構コンパクトになるのですが、やはり5枚持っていくとそれなりに場所を取ります。

もっと薄いマットもあるのですが、快適さを考えるとやはりこのくらいの圧さは必要かなー

 

 

 

CAPTAIN STAG 丸スチールペグ26.5cm

タープに付属されていたプラペグだと固いフィールドで使えないので購入しました。

スチールなので少し重いのですが、今まで行ったサイトでは問題なく使えてます。

ペグにはいろいろな種類があります。
芝生、砂浜、岩場などフィールドによって使い分けるのが基本です。

簡単にご紹介します。

・スチールペグ(ピンペグ)
重く、頑丈なので固い地面を得意とするペグです。
砂地などでは抵抗が弱いので使えません。

・アルミペグ(ピンペグ)
アルミペグは軽くて持ち運びや打ち込みがしやすい。
ただ、曲がりやすいため固めのフィールドには向きません。

・プラペグ
安価で、軽いです。
砂地ややわらかい場所に強い。
固いフィールドでは刺さりづらい。

・V字ペグ、Y字ペグ
ペグを上から見た時V(Y)になっているペグ。
構造上曲がりづらく、接地面も大きいためやわらかい場所でも抜けにくい。
一般的にY字ペグの方が接地面が大きいので抜けづらい。
一方、V字ペグは重ねて保管できるので保管しやすい。

・鍛造ペグ
ほとんどの場所で曲がることなく、抜群の貫通力。
ただ、重い。
鍛造なので表面が凸凹しているため抵抗が大きいく抜けずらい。

我が家でもこれから色々なペグを試していきたいと思います。

North Eagle 寝袋 フリースタッチシュラフ

寝袋はNorth Eagleのウォッシャブルフリースタッチシュラフを使っています。

春から秋の3シーズンを想定して価格も手ごろなこのシュラフにしました。

使用してみての感想は、価格からすると非常に満足です。

スペックは以下の通りです。

本体サイズ 約80×190cm
収納サイズ 約直径26×37cm
重量 約2kg
材質 ・表地:ポリエステル(190T)
・裏地:フリース
・中綿:フォロファイバー(約1000G)
適温 約12度

このシュラフは同じ型の物をフルオープンにして2枚合体させることができるのですが、我が家ではこの機能すごい重宝しています。

というのも、子供たちがお母さんと一緒に寝たいと必ず言うので2つ連結させて妻と子供二人で寝るからです。

ただ、連結する際ジッパーが噛みやすいので気を付けたほうがいいです。

触り心地もフリース生地で良く、重さも程よくあり寝やすいです。

推奨指定が12度という事でしたが意外ともっと低い温度でもいけそうです。

これを買った当初は春から秋の3シーズンだし、そこまで気温下がらないだろうと思っていたのですが、場所によってはゴールデンウィークでも氷点下を経験したり、シルバーウィークで5度前後だったりと予想以上に下がるんだなぁと思いました。

因みにそんな状況下でもこのシュラフで大丈夫でした。

ただ、寒い日は靴下を2重に履いたり、上着を重ねて着たりして寝ましたが。。

そろそろ冬キャンプもチャレンジしてみたいので冬用のシュラフも買いたいなと考えてます!

North Eagle フルクローズBIGベンチレーションスクリーン400cm NE181

我が家のスクリーンタープです。

スクリーンタープは日よけはもちろん、フルクローズで冷たい風や雨を防ぎ、夏はメッシュパネルで虫の侵入をシャットアウトしつつも風通しもいいという事で選択しました。

North Eagle シンプルジュラルミンドーム300と連結できるこのタープ1択でした。

このスクリーンタープは4m×4mなので広さは十分です。

設営についてですが頑張れば1人でもたてられますが、2人で設営するのが現実的です。

初めのころは結構設営に手間取り時間がかかりました。

大きいので重量はかなりあります。
気軽に持ち運びできる重さではないので、状況に応じてヘキサゴンタープなど持ち運びやすいタープも検討中です。

CAPTAIN STAG シダー杉製ベンチインテーブルセットナチュラル

かなり意見が分かれる商品だと思います。

私的にはトータルとしてありかなと思います。

木製の折り畳みテーブルとベンチのセットです。

まず気に入っている点は、杉材の天板でお洒落だなと。
この手の折り畳みテーブル・ベンチセットは樹脂製の物が多いのですが、やっぱりキャンプで使うなら木製の方が雰囲気がいいかと思い購入しました。

また、収納サイズが(約)幅1,000×奥行130×高さ320mm とコンパクトにたためる点です。
ベンチがすっきりと収まるのはとてもうれしい点です。

あと、ハイテーブルとベンチとしても使えるし、ローテーブルとしても使えるので活躍の場は広いです。

ただ、色々問題点もありまして、、、

まず、重量。木製の天板なので仕方ないのですが約10Kgあります。
気軽に持ち運んでとはいきません。
しかし、重厚感があってそれはそれでいいのかな。
逆に軽すぎると風で動いたりしそうなので。

次に表面の仕上げ。
これには驚きました。
ニスの塗り方が雑で、塗りっぱなしで仕上げをされてない感じのざらつき具合。
また、釘の頭が少し出ていたりと結構雑な感じです。

あと、重い割には足が軟弱な感じなのでぐらつきます。
ベンチも子供たちが食事中にひっくり返ったことも何回かありました。
このタイプのテーブルセットであまり安定したものを見たことが無いので構造上仕方ないのかもしれません。

まぁ、結構疑問が残る商品ですがコンセプトは大好きです。
天板は紙やすりでやすってウレタン塗装をし直したりして、足も少し補強を入れたりなど手をかけて使うと愛着も出るかもしれないですね。

因みに、我が家ではぐらつきが気になったのと調理台が欲しかったので食事用のテーブルは安定感のある物を別の物を購入。

このセットは調理台とウォータータンク置場などで活躍中です。

LOGOS ぴったりグランドシート300

グランドシートとはテントの下に敷くシートの事です。

グランドシートには以下の4つのメリットがあります。

 

1.テントの底を保護

キャンプ場はやわらかい平らな地面とは限りません。石や地面の凸凹でテントの底が傷つくのを防ぎます。

また、インナーテントの底を汚れから守る役割もあります。

 

2.地面からの浸水を防ぐ

雨が降った時テントの底からの浸水を防ぎます。

 

3.底冷えを防ぐ

地面からの冷気を緩和することができます。

 

4.撤収時作業スペースとなる

テント撤収時に、空いたグランドシートにキャンプ道具を集めていき、全て片付いてから車に積み込んでいくことにより効率が上がります。

 

グランドシートはテントからはみ出さないサイズにしましょう!

グランドシートがテントからはみ出しているとテントから流れ落ちてくる水滴や雨水の受け皿となってしまいテントの底とグランドシートの間に水が入ってしまします。

テント底よりグランドシートが大きい場合は折りたたんで使いましょう。

ブルーシートでも代用することができますが大きさと厚さを考えて購入しましょう。