涸沼自然公園キャンプ場

2018年4月29日から1泊2日で大洗サンビーチから車で約10分の涸沼自然公園キャンプ場に行ってきました!

本当は28日から2泊で行く予定だったのですが、次女の幼稚園の遠足が急遽28日になり、仕方なく1泊になりました。

1泊だと設営・撤収で遊べる時間があまり取れないのでどうしようかかなり悩んだのですが、朝早く出発してチェックイン前に大洗サンビーチで潮干狩りすれば結構遊べるんじゃない?ってことで出撃しました。

今回大洗周辺にしたのは、ゴールデンウィークってこともあり、あまり遠くだと渋滞で時間がかかるのではないかとの懸念と、この時期と言えば潮干狩りってことで決めました。

潮見表を見ると「大潮」!
大洗サンビーチでハマグリをたくさんGETし、夜ご飯は完璧だね!!と思っていたのですが、、、

今回の行程

1日目
5:00 自宅出発
7:30 大洗サンビーチで潮干狩り
11:00 大洗海鮮市場で昼食&買い出し
13:30 涸沼自然公園キャンプ場着&受付
14:00 設営完了
公園散策
16:00 調理&夕食
20:00 潮騒の湯
22:10 キャンプ場へ戻る
22:30 就寝
2日目
7:00 起床
7:30 調理&朝食
9:00 撤収開始
11:00 キャンプ場チェックアウト
15:00 自宅着

涸沼自然公園キャンプ場

この日は干潮が9:30だったので8:30位から潮干狩りできるよう、渋滞も考慮して5:00に出発!

どこから高速に乗ろうかなと考えていると意外にも車の量が少ない。
結局最後まで下道で渋滞することなく到着しました。
下手したら平日の同時刻よりも空いていました。

ゴールデンウィーク初日ではなく2日目の早朝だったのが良かったのか、ゴールデンウィークが長かった為分散したのか、とにかくラッキーでした。

大洗サンビーチにて潮干狩り

大潮だし前回大洗サンビーチで潮干狩りした際は結構大きなハマグリが獲れたため今回も期待大で臨みましたが、、、

今回は小ぶりのはまぐりが6個と残念な結果となりました。。。

周りを見てもパッとしない感じでした。

うーん、残念。

ゴールデンウィークの大洗サンビーチ

しかし、大丈夫です。
ここは大洗。周りには大洗海鮮市場や大洗イエローポートなど鮮魚が簡単に手に入れる事ができます。

今回は大洗海鮮市場で昼食&買い物をしてキャンプ場へ向かいました。

大洗海鮮市場

日中は観光地なのでかなり渋滞が激しかったです。

キャンプ場のチェックインは13:00からです。

今回は1泊なのでなるべく早くキャンプ場に着いて早めに設営しようと思っていたのですが渋滞にはまってしまったこともあり、13:30に到着となってしまいました。

キャンプ場利用者は公園入口からではなくキャンプ場入口から入る必要があります。

受付に着くと結構車が並んでいました。

受付をようやく済ませ、指定された区画「48」番に到着したのは、なんだかんだ14:00近くになってしまったので急いで設営します。

今回のサイトはハンモックを設営するのに程よい間隔で木があったのでハンモックを張ることに。

ハンモックとこどもたち

子供たちはハンモックを取り合い遊んでいました。

また、小枝が結構落ちているので拾って火付け用の薪として使いました。

設営後、涸沼自然公園を少し散策してみることに。

涸沼自然公園の散策

全長約1.5kmの散策路は山あり谷ありで普段体をあまり動かしていない私には結構ハードな散策でした。

また、散策路の途中途中には5つの広場があります。

せせらぎ広場では石で作られた人工の渓流が流れています。
夏場は水遊びを楽しめるようです。

我が子たちが一番楽しんだのはわいわい広場。
わいわい広場にはすべり台やシーソー、ちょっとした遊具が設置されていました。
特にはまっていたのは生垣で作られた迷路。全長800mあるので結構楽しめます。

涸沼自然公園わくわく広場

高台に位置する太陽の広場。
この広場はだだっ広い一面芝生の広場です。かなり広いのでバドミントンやキャッチボールなど色々な遊びができます。
遊び道具は公園管理事務所でも借りることができるそうです。

涸沼自然公園太陽の広場

サイトについて

涸沼自然公園キャンプ場オートキャンプ場48番サイト

今回我が家はオートサイトに宿泊したためオートサイトについての感想です。

広さは約8m×10mで3m×3mのテントと4m×4mのスクリーンタープ&アルファード1台でしたが余裕でした。
テントをもう一張りしても大丈夫位の広さでした。

地面はきれいめな芝生で、全体にフラットであったため好みのレイアウトで設営できました。

サイトごとの境界線は木で仕切られておりプライベート感は守られています。

ハンモックを設営するのに程よい間隔で木植えてあり良かったです。

またオートサイトについては全てのサイトに電源があるので便利でした。

サイトについては全般的に満足でしたが我が家のサイトからは炊事場がちょっと遠かったのと、夜間のトイレが遠かったのが少し大変でした。

因みにキャンプサイト(フリーサイト)はこんな感じです。

涸沼自然公園キャンプ場キャンプサイト

広々して開放感があります。

芝もオートサイト同様きれいです。

炊事場について

涸沼自然公園キャンプ場炊事場外観

炊事場は2か所あるテントサイト(フリーサイト)の中央にそれぞれあり広く綺麗でした。

涸沼自然公園キャンプ場炊事場シンク

また、炊事場内にはかまどもあり良かったです。

涸沼自然公園キャンプ場炊事場かまど1
涸沼自然公園キャンプ場炊事場かまど2

炊事場についてはサイトによっては遠いなぁと感じましたが、全般的に満足です。

トイレについて

涸沼自然公園キャンプ場炊事場トイレ外観

トイレは全て水洗で和式洋式共にあり、綺麗です。

またキャンプ場内に3か所あります。

今回我が家はオートサイトに宿泊したためオートサイト側のトイレを使用していましたが臭いや混んだりなど特に無かったのでトイレについては快適でした。

ただ1点、消灯後はキャンプ場中央に位置する管理棟のトイレを使用しなければならないので、我が家のサイトからは若干距離があり少し面倒くさかったです。

温泉・風呂について

場内には24時間利用できる温水コインシャワーが男女別に2基ずつあります。

コインシャワーの利用料金は3分200円です。

日帰り温泉は車で15分くらいのところに何軒かあります。

今回我が家は大洗サンビーチの近くにある「潮騒の湯」に行ってきました。

広い露天風呂から太平洋を一望できる温泉です。とても開放的です。

この温泉は化石海水を利用しており保温効果が高く湯冷めしにくいのが特徴だそうです。

館内はゴールデンウィークという事もあり閉館間際でも非常に混んでいました。

今回は利用しませんでしたが館内にはレストランもあり、このレストランからも太平洋を一望できます。
あんこうが絶品だという事なので冬行った際にはレストランも利用してみたいと思いました。

大洗・日帰り天然温泉 太古の化石海水<潮騒の湯>
住所 〒311-1311 茨城県東茨城郡大洗町大貫256-25
TEL 029-267-4031
入浴料金 平日:(中学生以上)800円 (4歳~小学生以下)500円
土、日、祝、特別営業日:(中学生以上)1,000円 (4歳~小学生以下)600円
WEBサイト http://www.siosai.jp/index.html

まとめ

久しぶりの電源あり区画サイトでかなり快適にキャンプが出来ました。
たまにはこのようなリッチなキャンプもいいなと思いました。

全体的に設備も綺麗でちゃんと管理されている感じがあります。

大洗サンビーチからも近く、観光や買い物、温泉なども充実しており便利なキャンプ場でした。

少し気になったのは場内放送。ルールを周知させるため仕方ないのかもしれませんが、今までで一番場内放送が多かったです。(特にチェックアウト時のゴミ出しや退出時間等)

1泊2日のキャンプだったため結構忙しかったですが、充実したキャンプでした。

最近アイテムが増えてきて設営・撤収に時間がかかってしまっているなと思いました。

特に1泊2日だったらもう少しコンパクトな装備で臨んだ方がいいと強く感じました。


キャンプ場基本情報

住所
〒311-3124 茨城県東茨城郡茨城町中石崎2263
TEL 涸沼自然公園管理事務所029-293-7441
予約開始 利用月の2か月前から受付
予約先・方法 涸沼自然公園管理事務所
受付時間 午前8時30分~午後5時00分
029-293-7441
予約制。利用月の2か月前から受付
WEBサイト http://www.town.ibaraki.lg.jp/map/shisetu/park/1453965587724.html
炊事棟 2か所
トイレ 水洗トイレ3か所(消灯時間後は管理棟のトイレのみ)
和・洋あり
駐車場 4か所 400台収容 無料

キャンプサイト

キャンプサイト基本情報
サイト形態 フリーサイト
区画が無いので自由にテントを張ることができます
フィールドの状態
最大収容数 250張
チェックイン・チェックアウト
  • IN 13:00 ~
  • OUT: ~11:00
車の乗り入れ 不可
電源 無し
料金表
人員割料金 大人200円/1人 小人100円/1人
サイト使用料 テント2,000円/1張 タープ1,000円/1張
(計算例)大人2人 小人2人 テント・タープ1張りずつで1泊の場合
200円×2名+100円×2名+2,000円+1,000円=3,600円

※上記料金及び情報は2018年6月の情報です

オートサイト

オートサイトサイト基本情報
サイト形態 区画サイト
フィールドの状態
区画数 56区画
区画の広さ 約8m×10m
チェックイン・チェックアウト
  • IN 13:00 ~
  • OUT: ~11:00
車の乗り入れ 可(1台まで 2台目以降は一般駐車場に止める必要あり)
電源 全サイトAC電源付き
料金表
人員割料金 大人200円/1人 小人100円/1人
サイト使用料 5,000円/1泊
(計算例)大人2人 小人2人 1泊の場合
200円×2名+100円×2名+5,000円=3,600円

全てAC電源付きで、1区画ずつ立ち木で仕切られている芝のサイトです♪

人目を気にせず、思い思いのキャンプを楽しみたい方にオススメのエリアです。

※上記料金及び情報は2018年6月の情報です

茂庭広瀬公園キャンプ場

福島県無料キャンプ場第2弾!

茂庭滑滝キャンプ場です。

このキャンプ場、無料という事もあって連休などだと結構混みあうようです。

今回は天候の悪さもあってかそれほど混んではいませんでした。

無料キャンプ場ですが事前に許可を得る必要があります。

最初に茂庭生活歴史館で受付をすると番号札をもらえます。

この茂庭生活歴史館、キャンプ場から少し離れています。

というか予想以上に距離がありました。

この番号札に書いてある数字が今回の区画です。

サイトのマップをもらったのですが、自分の区画を探すのに少し手間取りました。

小さい番号の書いてあるプレートが埋めてあるのですがなかなか見つかりません。

親切なお兄さんが声をかけてくれ、教えてくれました。

その時、どこから来たのか聞かれたので、東京からと答えると
「よくここのこと知ってたねー」とびっくりしていました。

確かに後から止まっている車のナンバーを見ると9割福島ナンバー。

地元の人たちに愛されるキャンプ場なのですね。

サイトの広さを確認すると、かなり広い。。。

メジャーを持っていかなかったので、正確な広さはわからないのですが、少なくとも10m×10mはあったと思います。

テント、タープ2張りずつ張ってもまだ余裕があるくらい広いです。

地面は固めなのでプラペグだと難しいかもしれません。

このキャンプ場はオートキャンプ場ではないのですが、サイトの横まで車を持ってきて荷物を降ろせるのですごい楽です。

荷物を降ろした後は駐車場に止めなければなりません。

炊事場&トイレはちゃんと掃除されており、きれいでした。

ただ奥のサイトからだと、結構トイレが遠そうです。

今回は比較的トイレに近いサイトだったのでよかったです。

日差しを遮るものが無いので開放的なキャンプ場なのですが、夏場はタープ必須な感じです。

茂庭の湯という温泉が隣接しているので、とても便利です。

しかも、大人250円とかなり激安。

それなのに、露天風呂もあり、休憩室もあり、とてもオススメな温泉です。

このキャンプ場のおすすめポイント

  • なんといっても無料!!
  • 全体的に開放感がある
  • 広い区画
  • 炊事場、トイレがきれい
  • 夏場、キャンプ場のすぐ横を流れる川で川遊びができる
  • かなり満足できる温泉がすぐ近くにある
  • オートキャンプ場ではないが、荷物の積み下ろし時に車を横付けできる
  • 全体的にフラットなので好きなレイアウトで設営できる
  • チェックイン・チェックアウト時間が特に決まっていないのでのんびり遊べる

このキャンプ場の注意ポイント

  • 今回は全然大丈夫だったが、強風が吹くことがある
  • 今回は刺されることはなかったがダムの近くなので虫が多い。
  • 区画によってはトイレまで遠い
  • 個人的には全然問題ないが、消灯時間も決まっていないので深夜まで盛り上がっているグループも何組かいる。

水林自然林キャンプ場

福島県の無料キャンプ場、水林自然林キャンプ場の紹介です。

2015年9月21日から2泊3日で行ってきました。
情報はすべて当時の物ですのでご了承ください。

この水林自然林は昼間は河原で芋煮会をする地元の人々で賑わいます。
私も小さいころいとこ達が福島に住んでいたのでみんなで集まって毎年のようにここで芋煮会をやっていました。

なので、道中、見覚えある景色が色々目に入ってきて懐かしくなり、子供たちにその頃の思い出を話しながらのドライブでした。

当時は比較的流れもゆるく、川の端に石を積み天然プールを作って遊んだり、スイカやジュースを冷やしたりとても楽しかったんだけど今はどうなんだろう、、、

そんな話をしている間に管理事務所に到着しました。

約25年ぶりの水林自然林。

全然変わっていないことにびっくりしました。

このキャンプ場は無料なのですが、事前に管理事務所にて使用許可をとる必要があります。

管理事務所で手続きを終えると車を駐車場に移動し、荷物はそこから運びます。

キャンプ場には車を横付けできません。

第2キャンプ場拡張用地は駐車場から比較的近く道も舗装してあるので運びやすいのですが、暑かったのと最近オートキャンプばかりだったのでかなり体力を消耗してしまいました。

天気も良くシルバーウィークなので結構混んでいるのかと思いきや、第2キャンプ場拡張用地にはなんと4組だけ。。。

駐車場は芋煮会の人々でごった返していたのに。。。

空いていたので、トイレや炊事場に行きやすい場所に設営しました。

フィールドは比較的フラットなのですが、ぬかるんでいるところがあったり、岩が埋まっているところがあったり、少し設営場所を考える必要があります。

開放感があるので子供たちは設営の間サイトを駆け回ったり、土手を登ったりはしゃぎまわっていました!

設営を終えてトイレ&炊事場チェック。

トイレと炊事場はそんなに遠くはないのですが、土手を登って林に入ったところにあります。

トイレも、炊事場も可もなく不可もなく。ちゃんと掃除されていました。

しかし、このトイレ、夜間行くのが何故か滅茶苦茶怖い。人気が無さ過ぎたせいかな?妻も同じく恐怖を感じていたみたいです。

そして、食事の用意。

このキャンプ場はなんと直火OKなのです。

なので、そこら辺に転がっている石を子供に集めさせ、炉をつくります。

そして、枯れ草と枯れ枝を集めて焚き火をしました。

なかなかこのように自分たちで炉をつくることがないので子供たちは興味津々。

次から次へと石を運んできます。

いい体験をさせることができよかったです。

食事のあとは温泉へ。

ここからは土湯温泉、高湯温泉に行きやすいです。

1日目は土湯温泉の共同浴場中の湯へ。

この温泉は土湯の温泉街の中心にある共同浴場。単純泉です。

なんと、200円で入浴出来ます。

ここの中の湯はかなりの高温ということもあり私が子供2人を入れる事に。

子供たちが頑張って入ったり出たりしていると地元のおじさんが笑いながらウメてくれました。

福島の人ってそういうことをさりげなくやってくれて、本当に優しいんですよね。

2日目は私の大好きな高湯温泉へ。

今回は花月ハイランドホテルへ。

高湯温泉は温泉街に入る手前から硫黄のにおいがプンプン漂ってくるぐらいザ・硫黄泉です。

乳白色のお湯と硫黄の香りが私の疲れを一気に吹き飛ばしてくれます。

泉質の良さは間違いないと思います。

今回のキャンプはこの温泉に入りに来たと言っても過言ではありません。

1日目子供と入ったのでここは私一人でのんびり入らせてもらいました。

さて、キャンプ場に戻るとあたり一面真っ暗。

荒川にかかる橋の光だけを頼りにテントへ戻ります。

夜の水林自然林はびっくりするほど静寂に包まれています。

たまに橋を渡る車の音以外虫の泣く音と川の流れの音だけです。

今まで行ったキャンプ場の中で断トツ1位の静かさ。

天気が良かったので星空がとってもきれいに見えました。

昼間暑いぐらいだったのに、夜はめちゃくちゃ冷え込みました。(5℃)

皆が寝てから、星空を見てひとりでビールを飲みながらボーっとするのが好きなのですが、寒すぎるし、何よりトイレに行くのも嫌なのでいつもより早めに寝ました。

我が家で使っているシュラフが意外と使えて、メーカーの推奨温度は12度なのですが、寒さを感じず寝ることができました。

有料のオートキャンプ場と比べると色々不便な点もありますが、そもそもキャンプって不便さを楽しむものだし、無料で直火OKでシルバーウィークでこれだけ空いていて(因みに2日目には我が家を含めて2組になっていました)、トイレや炊事場も掃除されていることを考えるととってもいいキャンプ場ではないかと思います。

ただ、次回はグループキャンプで来たいな。

水林自然林キャンプ場

いわき市遠野オートキャンプ場


スパリゾートハワイアンズに近いキャンプ場、いわき市遠野オートキャンプ場の紹介です。

2015年8月28日から2泊3日で行ってきました!
情報は当時の物です。

全体的にとてもきれいに整備されたキャンプ場だと感じました。

料金は4,320円(+大人430円、+子供210円)と福島にしては少し高め?ですが、サイト内に電源、水道がついていますのでとても便利です。
この便利さを考えると安いくらいだと思います。


サイトの広さはサイトによってばらつきがありそうですが、テント+スクリーンタープを張っても余裕はあります。


まず、到着すると管理棟があるので受付をします。

受付でサイトを指定されます。
サイトの指定はできないようです。
受付時に水道のキーと生ごみ用のバケツを渡されます。

水道は蛇口がなく、このキーを挿して回します。

なかなか水道付きのサイトと巡り合わないのですが(高規格キャンプ場だと当たり前だと思いますが)、これがとても便利!

ちょっと手を洗いたいとき、歯磨きをしたいとき便利すぎます!!!

また、普段電源は使わないのですが、あるととっても便利ですよね!
ちょっとお湯を沸かしたいときすぐ沸かせるし、携帯も充電できるし、扇風機も使えるし、ハロゲン投光器使えるし、一気に不便さがなくなりますね。

我が家のキャンプコンセプトは避難訓練も兼ねてライフラインが閉ざされた場合を想定してなので、あまり便利すぎるとコンセプトから外れてしまうのですが、たまにはこの様なキャンプもいいですね!

サイトはきれいに整備された芝生サイトで気持ちがいいです。

この日はあいにくの雨だったのですが、すのこを無料で貸し出してくれるので設営がとてもスムーズに行えました。

サイトの中央にはきれいな小川が流れる広場があり、晴れていればここで思いっきり子供たちが遊べます。


我が子は雨でしたがそんなのお構いなしで遊んでいましたが、、、

トイレもとても綺麗でしたが女子用には大きな虫がいたようで子供たちはトイレに行くことを少し躊躇していました。


炊事場もとても綺麗で満足。
炊事場には炉がありますのでご飯炊くときなど便利です。

温泉は車で5~6分の所に天王川トロン温泉、10~15分の所に単純硫黄泉の中根の湯があります。
もちろん、キャンプ場内にもシャワーがあります。

そして、今回の目的スパリゾートハワイアンズまでは25分程度で行ける場所にあります。

いわき市遠野オートキャンプ場2泊しましたが何から何まで手が行き届いておりとても満足でした。
是非次回は晴れてる日に行きたいと思います。

いわき市遠野オートキャンプ場 公式サイト