アンデルセン公園

トリップアドバイザーの人気のテーマパークTOP10に入るほどの人気パーク、アンデルセン公園に行ってきました。

2014年 3位
2015年 3位
2016年 9位
2017年 6位

とここ数年かなり注目されているようです。

それにしても、ディズニーランドやUSJなど民間のテーマパークが並ぶ中、市営の公園がランクインするなんてすごいですね。

場所は千葉県船橋市にあります。

アンデルセン公園は、東京ドーム6個分という広大な敷地に北欧デンマークをイメージした自然豊かなテーマパークです。

今回はワンパク王国ゾーンで遊ぶ予定でしたのでワンパク王国ゾーンに北駐車場に車を停めました。

駐車場並ぶかな?と思っていたのですが、意外とすんなり入れました。

冬だからそんなに混んでないのかな?

そして芝生広場へ。

芝生広場に着くとすでに結構な数のテントが。。

しかし芝生広場かなり広いので余裕です。

到着早々、子供たちはじゅえむタワーへ走り去って行きました。

このじゅえむタワー、ネットのトンネルやトンネルの滑り台、結構スピードの出るくるくる滑り台、左右にネットの付いた綱渡り、そして長女の大好きなうんていetc…子供たちを虜にする遊具が凝縮されています。

4歳の次女もお姉ちゃんと一緒に楽しめていました。

一通りじゅえむタワーを満喫した後は、隣にあるワンパク城大すべり台。

約50mの大すべり台はとても人気の遊具で結構並びます。

ローラーすべり台になっており、結構スピードが出るので大人でも楽しめます。

次女が一人で滑るのは怖いからと一緒に滑りましたが楽しかったです。

大すべり台を2,3回滑った後、ワンパクボール島へ!

このワンパクボール島は大小様々なバランスボールをネットを被せ固定しています。

その上をみんなトランポリンのようにぴょんぴょん跳んでいます。

島が2つに分かれており3歳から5歳用の黄色い島と6歳から12歳用の青い島があり、小学生と幼児が激突しないよう考えられています。

ただ、次女はお姉ちゃんと一緒にやりたかったみたい。

そしてあっという間にお昼に。

今回はフードショップで食べることに。

6店舗あり、それぞれ様々なメニューがあるので迷ってしまいます。

料金はラーメン550円やから揚げ弁当550円など良心的なお値段でした。

それぞれ自分が食べたい物を買い、芝生広場に戻り食べました。

天気も良く広々とした芝生で食べると何を食べても美味しいですね!

そして、お昼ごはんの後は森のアスレチックで遊びました。

これがかなり充実していました。

大人もかなり楽しめます。

ファミリー・じゅえむの冒険・力だめしの森・ダイナミックの4コースがあり、それぞれの体力にあわせたコースが選べます。

まずは、一番難易度の低いファミリーコースから。

ここは父親の威厳を知らしめる為、ちょっと頑張っちゃいました。

日頃運動不足なので後半かなりバテましたが、いい運動になりました。

小学2年生の長女は途中怪しいものもありましたが一応全てクリアできました。

昔は出来なそうなものだと泣いて絶対やらなかったのに、成長を感じました。

4才の次女は親とお姉ちゃんの助けを借りながらもなんとかゴール。

途中でリタイアしなかったのは偉かったかな。

そしてこのコースでちょっとした出来事が。。

途中「こいでまわれ」というイカダを漕いで池を一周するアスレチックがあるのですが、これが子供達には結構難しいようで結構並んでいました。

中心が固定されており沈む心配はないのですが、小学生高学年の子でもコツがわからないと全然進まないのです。

進まないと焦ってさらに進まない。

そして見兼ねた親がやり方を教えたり、オールを持って助けてあげる。そんなパターンがかなり多かったです。

その中でひとり印象に残った子がいました。

その子はうちの次女と同じか少し小さい子だったのですが、やはり全然進まないのです。

まー、そうだよなー、そろそろ親が助けるかなーと思っていたのですが中々親が手を貸しません。

かなりの時間が経ち、並んでいる人もざわつき始めました。

あれ?親がどこか行っちゃったのかな?と思って周りを見渡すとちゃんとお父さんとお母さんと思われる人がちゃんと見守っていました。

そこで、ハッと気づきました。

なんでもすぐ手を貸すのではなく、子供に考えさせ自分で解決させたいんだなと。

子供を見ると泣くわけでもなく焦るわけでもなく、そればかりか笑顔で試行錯誤している。

そして15分くらい経ったでしょうか。

お父さんと思われる方が手を貸そうかと何度か声かけたところ、その子供は「自分でやりたいから待ってて」と。

心底感心しました。

結局最後はお父さんが周りに配慮してか「次また頑張ろうね」と言って手を貸されていました。

そして待たせた人たちに挨拶をし、子供は「あーあ、最後まで自分でやりたかったな」といいながら去っていきました。

心の中で拍手喝采でした。

もし、自分の子供が同じ状態だったら後に並んでいる人を気にして、すぐに手を貸してしまっていたなと思いました。

子育ては何が正解とかないとは思うし、日本では周りの空気を読むというのも大切だとは思うし、賛否両論だとは思いますが、私はこの夫婦のようにすぐに手を貸すのではなく子供をあたたかく見守ってチャレンジさせることの大切さをあらためて感じました。

というか、こういう子育てに憧れます。

子供のためにそれを実践できる強さに強く感動しました。

子供は壁にぶつかった時、自分でいろいろ考え行動することで何かを発見し、成長していくものですよね。

しかも、ここは子供の遊び場だし。

親とは木の上に立って見ると書きますが、まさにこの夫婦は字の如くでした。

まぁ、そんな事もあり、次に難易度が低いじゅえむの冒険コースへ。

確かに先ほどのファミリーコースと比べて難しいものがいくつかありました。

ここでちょっとしたハプニングが。。。

「そろりそろり空中移動」というアスレチックで長女がなんと池ポチャ。

こんな寒い日に池ポチャするなんて、、、

幸い靴と靴下が濡れただけで済んだのですが、次からは着替え一式持っていこうと思います。

なんだかんだ無事?ゴール。

本日はここで時間切れ。

あっという間の1日でした。

ゴールから芝生広場へ戻る途中「牧場のあいす屋さん」があり子供たちのおねだり。

この「牧場のあいす屋さん」は地元酪農家がつくる搾りたて牛乳を使ったアイスクリームで素材を生かした手作りの味が人気なようです。

閉園間際にも拘らず長蛇の列。

子供ってなんで寒いのにアイス欲しがるんだろうね、絶対途中で寒くなっちゃったって言いだすよと妻と話していたのですが、どうしても食べたいと言うので、人気の牛乳アイスを買うことに。

その間一服しようと喫煙所に行って戻ってくると妻もちゃっかり食べてるし、、、

説得していたのに、あんたもかーーい(汗

本格的なゆるめのアイスでした。

舌触りが滑らかでしっかりミルクの味がし、あっさりしたアイスでとてもおいしい様です。

夏場はすぐ溶けちゃいそうだな。

芝生広場に戻り急いでテントをたたみ、帰路へ。

駐車場の出口がかなり混んでいて出るのに少し時間がかかりました。

帰り道子供たちはぐっすり気持ちよさそうに寝ていました。

結局1日ではすべてを回れないどころかワンパク王国ゾーンすらコンプリートすることができず。

確かに、人気があるのが納得できました。

自宅からも1時間くらいで来れるし、近々再度訪問したいと思います。

与那覇前浜ビーチ|宮古島旅行

私が今まで行ったビーチの中で断トツ1位のビーチ、宮古島にある与那覇前浜ビーチの紹介です。

宮古島はどこのビーチも綺麗なのですが、その中でも一番有名なビーチです。

別名「東洋一美しいビーチ」と言われるくらい文句の付けような完璧なビーチ!

数々のガイドブックやランキングで日本のベストビーチとして紹介されています。

あと、毎年4月に行われる全日本宮古島トライアスロン大会のスタート地点としても有名です。

見渡す限りのエメラルドグリーンの海。

ここはプールですか?と思うくらいの透明度。
海底の砂まではっきり見えるくらい澄んでいます。

びっくりするくらい真っ白でサラサラの砂浜。
このパウダーサンドは小石やサンゴの欠片やゴミもほとんどないので素足で歩いても安心です。

そして、遠浅で穏やかな波。

7kmも続く開放的な長いビーチ。

燃え上がるような力強い夕日もとても綺麗。

何もかも絵にかいた様な極上ビーチです。

この海を見た瞬間、あまりの美しさに言葉を失い、ただ立ち尽くし
眺めていたのを今でも思い出します。

滞在中ずーっとこのビーチにいたいと思ってしまいました。

また、今回宿泊した宮古島東急ホテルの目の前という高ロケーション。

プールを抜けるとすぐにこのビーチに出られます。

こんな素晴らしいビーチにすぐにアクセスできるだけで、このホテルを選んでよかったーと思いました。

設備も充実しています。

約40台駐車できる無料駐車場、駐車場横にトイレとシャワー、更衣室があります。

海の家もあるのでパラソルやマリングッズのレンタルも可能です。

宮古島東急リゾートに宿泊の場合は、デッキチェア、パラソルなどが無料で使えます。

その他砂遊び道具なども貸してもらえます。

この海はほとんどが砂地なのでサンゴや熱帯魚はあまりいないのでシュノーケリングには向きません。

こんな魚は泳いでました!

死ぬまでに1度は訪れて貰いたいオススメビーチ。

また行きたいなー

施設名 与那覇前浜ビーチ
場所 沖縄県宮古島市下地字与那覇1199-1
遊泳期間 4月~10月末
駐車場 無料(約40台)
設備 トイレ、シャワー、更衣室
お問い合わせ 0980-76-6001(宮古島市役所 下地庁舎)

※2014/8/30の情報です。

チームラボアイランド ららぽーと富士見

子供が前から行きたいと言っていたチームラボアイランド ららぽーと富士見に行ってまいりました。

チームラボアイランドとは東京大学大学院の学生を中心とした様々なスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団が運営する共同的な創造性をテーマにしたデジタルアートを体験できる-学ぶ!未来の遊園地-だそうです。

場所はららぽーと富士見の2Fの奥にあります。

10時ごろ行ったのですが15分くらい並びました。

中に入ると幻想的な光の世界。

子供たちは一目散で中に入っていきました。

子供たちが気に入ったのは

「すべって育てる! フルーツ畑」という滑り台。

坂にはいろいろなフルーツが育っており、滑ることでフルーツがどんどん育っていくそうです。

そして「天才ケンケンパ」

水に浮かんだ(本物の水ではなく映像です)○△□の上をケンケンすると、音が鳴るケンケンパです。

このケンケンパ自分でコースをつくることもできます。

自分のコースが出現すると「あのケンケンパ私が作ったやつだよ!」と目をキラキラさせ何度も何度もやっていました。

「光のボールでオーケストラ」

転がすと、色も音も変化する、光のボールです。頭上のボールは他のボールと連動しているため、触れると周囲のボールに影響を与え、空間全体の色が変わります。

見ているだけでもとても幻想的で美しい。

そして「お絵かき水族館」と「お絵かきタウン」

お絵描き水族館は自分達が書いたお魚の絵をスキャンすると大きなスクリーンの中で泳ぎだします。

お絵描きタウンはお絵描き水族館の町版の様なのですが、スキャンすると立体になりスクリーンの中に出現します。

共に自分の絵がスクリーンの中に出てくると飛び跳ねながら自分の魚や車を追いかけていました。

我が家はフリーパスを購入して4時間いたのですが、子供たちはもっともっと遊びたかったようです。

子供たち(8歳と5歳)は大満足。また来ようねと頻りに言っていました。

大人は、料金を考えると夫婦どちらかが付き添えばいいかなーって感じでした。

確かに、周りを見渡すとお父さんが付き添っている家族が多かったような・・・

お父さんが子供をチームラボアイランドで遊ばせ、お母さんがららぽーとでゆっくりお買い物みたいな感じが多いような気がしました。

施設名 チームラボアイランド ららぽーと富士見
場所 〒354-0022 埼玉県富士見市山室1丁目 1313
正面入り口(バス停そば)から入り、2階の右奥
時間 10:00~18:00(最終入場 17:30)
休館日 ららぽーと富士見の営業日に準ずる
料金 (1)フリーパス
1,200円(営業時間中終日ご利用・出入り可能)

(2)時間制プラン
最初の30分500円 以降30分毎に500円(自動延長)
※上記は(1)(2)ともにお一人様のご利用料金です。
※小学生以下のお子様のご入場は、保護者の方(※扶養者、または20歳以上のそれに準ずる方)の同伴が必要です。
※2歳以下無料
※障がい者手帳の提示で手帳に記載のご本人様無料(付き添いの方は有料)。

お問い合わせ 0492-57-5662

伊豆白浜中央海水浴場

白浜海岸の最も北にあり穴場の海水浴場です。

さらっさらの真っ白な砂と透明度が高い水質のきれいな海水浴場です。

「日本の水浴場88選」や全国「快水浴場百選」にも選ばれているそうです。

また、岩場もあるので磯遊びもできます。

若者に人気の白浜大浜と比べ波も穏やかで、ゆったりしており、家族連れにオススメのビーチです。

そして、伊豆では唯一浜辺でバーベキューができるビーチなのです。

ビーチでバーベキューしたいと思っても探すとなかなか許可しているところがないのです。

ガス付きテーブルタイプと場所のみ貸し出す野天タイプがあります。

予約は電話のみで行っています。

初めに行った頃は結構空きがあり当日でも全然大丈夫だったのですが年々混んできているので早めに予約したほうがよさそうです。

ゴミも回収してくれるのでとても助かります。

我が家では海水浴と言えば南伊豆。

その中でも白浜中央海水浴場はかなりお気に入りで、毎年行っています!

東京からだと3~4時間。

日帰りで行くとなると少し遠いけど、この綺麗な海に惹かれ行っちゃうんですよねー

因みに駐車場は道路を挟んだところにあり1日1,500円だったと思います。

満足度満点♪キッザニア 入場編

海外に行っている弟家族が一時帰国したので、どこか一緒に行きたいねーという事で姪っ子(小2)がお気に入りのキッザニアへ!

評判は色々聞いていたのですが、どうせ室内施設でしょと高を括っていました。しかも、結構いい金額取るし。。

あと、キッザニアは基本的に子供の自主性を重んじるので親が手助けできないという情報もあり、次女(年少)が果たして楽しめるかも懸念材料でした。

しかし、行ってみるとクォリティーが半端ない!

小学生低学年のお子様をお持ちの方は絶対に1回は行った方がいい。

入場した瞬間そう思えました。

夏休みとの事もあり、かなり前から予約しないと入れないみたいでしたが、さすがキッザニアに行き慣れた弟。

しっかりと予約を入れてくれておりました。

営業時間が9:00~だったのですが、弟に指定された時間がなんと現地へ6:30!!

え!?予約したのに並ぶの?と聞くと、姪っ子曰く列の先頭付近にいないとお目当てのパビリオンの予約が出来なくなるんだよと。

実際現地に到着すると既に行列が。。。。

姪っ子ちゃんはかなりキッザニアを研究してるようで、如何に効率よくパビリオンを回るかをすでに計画してるよう。

これはうちの子(特に次女)がついていけるかちょっと心配になったのですが、さすが姪っ子。ちゃんと次女用のプランも考えてくれていました。

並んでいる間に弟と姪っ子からキッザニアの簡単なレクチャー。

どのパビリオンが早めに行かないと予約できないとか、おひるごはん食べるためにモスバーガーのパビリオンを入れようとか、タイミングを見てキッゾを預ける口座を開設したほうがいいよとか、スケジュールカードフォルダーを買った方がいいよなど。。

あっという間に開場となり列が徐々に進みだしました。

ちょっと長くなったので次記事に続きます!

船橋三番瀬海浜公園

今年はまだ潮干狩りに行ってなかったなーと思い、潮干狩り&バーベキューができる公園、船橋三番瀬海浜公園に行ってきました。

東京湾に残された干潟三番瀬に隣接しており、潮干狩りができます。

都内から気軽に行けるのと、熊手などのレンタルもあるので気軽に潮干狩りができます。

潮の満ち引きにより、潮干狩りができる日時が決まっているので必ず公式サイトを確認しましょう!

休日は駐車場に入るのにかなり並ぶと聞いていたので少し早めに到着。

その甲斐あってか、すんなり駐車場に入れました。

今回は潮干狩り後BBQをやる予定なのでバーべキュー場へ。

綺麗に整備されていてとても気持ちいい~

当日でも空いていれば入れてもらえますが、あらかじめ予約することをお勧めします。

手ぶらでBBQができる楽チンBBQエリアと機材と食材を自分で持ち込むもちこみエリアの2つのエリアがあります。

区画は場所によっても異なりますが約4m×5m。

一家族でやる分には問題ない広さです。

楽チンBBQエリアでは機材のみのレンタルや食材とのセットプラン等いろいろなコースが用意されていて、コースによっては後片付けをせずそのまま帰れるコースなどもあります。

我が家は今回、持ち込みエリアなので日よけのワンタッチテントを広げ、戻ったらすぐバーベキューに取り掛かれるようにバーベキューの用意して、潮干狩りに!!

バーベキュー場から潮干狩り会場はすぐです。

入口で獲った貝を入れる網をもらって、いざ開始!

入ると干潟で結構大勢の人がすでに潮干狩りを楽しんでいます。

有料の潮干狩り場は大抵貝を撒いているのでまったく貝が獲れない事はまず、ありません。

案の定、少し掘るとすぐにあさりが出現。

なので、小さい子供たちも楽しめます。

3歳の次女も一生懸命探していました。

空の貝殻がそこら辺に散らばっているので、素足では危ないのでマリンシューズなどを履いてやった方がいいと思います。

あと、危険なのがアカエイ。

この時期、水温が高いためアカエイが大量発生します。

この日もやはりアカエイが発生しているようで、管理者の人が海に入ってとっている人に注意を促していました。

アカエイに刺されると激痛と痺れがきます。

血圧低下、呼吸障害、発熱など引き起こします。

万が一刺されてしまったら、時間が経つにつれ毒が回り、痺れたり麻痺したりします。痛みが強くなってくると一人で歩くのも困難になってくるほどなので慌てず速やかに海から出ましょう。

応急処置としては、やけどしない程度のお湯に30分以上浸すと痛みが和らぐそうです。

これはアカエイの毒はたんぱく性で熱に弱いためだそうです。

痛みが和らいだとしても体内に針が残っている可能性もあるのですぐに病院に行きましょう。

そして、結構獲れたので持ち帰る分のあさりを選別します。

なるべく大きいあさりを大体2Kgくらい持ち帰ることにしました。

あと、空のペットボトルを何本か持っていくといいですよ。

空のペットボトルに海水を入れ持ち帰ると、砂抜きなどが楽です。

潮干狩り中も獲れた貝を入れた網を海水に浸しておくと砂を吐いてくれ、すぐに食べられます。

出口でおじさんが計量してくれます。

その際、空の貝殻やシオフキを取り除いてくれます。

手際が半端なく早い。。。

そして、持ち帰り分の料金を払います。

100g80円です。

普通に買った方が安いですが、子供たちがこれだけ楽しめることを考えれば全然安いものです!

そしてバーベキュー。

本当は獲ったあさりを使って味噌汁をつくろうと思っていたのですが、面倒くさくなったので家に帰ってからにすることにしました。

BBQ会場は芝生エリアに隣接しているので子供たちはそこで走り回っていました。

そして帰宅。

天気もよく晴れ渡り、かなり遊びつくした1日でした。

そして、次の日ちょっとした事件が。

朝起きて、何か忘れている気が。。。

そういえば、あさりをクーラーボックスに入れっぱなしだ!!!!

恐る恐る、クーラーボックスのふたを開けると・・・・

うぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドブ川に顔を突っ込んだような強烈な悪臭、、、

そうです。

あんなに子供たちが一生懸命獲ったあさりが腐っていたのです。

死んでいる貝だけ取り除こうと一瞬考えたのですが、全て捨てることにしました。

貝毒は怖いですからね。

あと、この臭いをかいでしまったら、当分貝は食べられません。。。

子供たちに謝り、近々再度潮干狩りに行くことになりました。が、シーズンももう終わっちゃうよなー

それにしても1つも食べられなかったのは悔しすぎます。

BBQの時頑張って使っておけば、、、

持ち帰ったら忘れずに砂抜き&保存をしましょう(泣