North Eagle(ノースイーグル) テント シンプルジュラルミンドーム300

キャンプに行くなら必需品!

我が家のテントの紹介です。

キャンプを始めようと思った時色々悩んでこのテントの購入を決めました。

 

テント購入で考えたことは、

・大人2人、子供2人で快適に過ごせる広さ

・2度目のキャンプが果たしてあるかわからないので手ごろな価格

・慣れれば一人でも組み立てられるテント

・ある程度耐水圧が高いもの

・夏キャンプが主になるので通気性がよさそうな物

でした。

コールマンタフワイドドーム Ⅳ/300とかなり悩みましたが、価格の安さでNorth Eagle シンプルジュラルミンドーム300に決定しました。

 

使用感はかなり満足しています。

まず広さは大人2人子供2人寝ても全然余裕があり、荷物を置いても子供だったらあと2人くらいいけそうです。

 

設営のしやすさはまずまず。オーソドックスな2本のポールで立ち上げるだけなので、慣れてしまえば一人でもすぐに設営できます。

 

耐水性についても今のところ大丈夫。

ガッツリ雨が降った日が2回ありましたが端の方もしみることなく耐えることができてます。

 

通気性もまずまず。

前後に入口があり、ベンチレーションもあり、夏場でも寝苦しいことはありません。

 

17,000円程度でこれだけ使いやすいテントはなかなかないのではないでしょうか。

 

そろそろ新しいテントも欲しいところですが我が家の使い方では不満な点があまり無いのでしばらく使い続ける予定です!

 

 

当ブログについて

こんにちは!

このブログはキャンプ初心者が綴る、アウトドアブログです。

初心者目線での感動や苦悩、失敗をお伝えしていければと思います。

このブログを見てアウトドアの楽しさや感動が伝わって、興味はあるけどうまくできるかなと思っている皆様が、一人でも多くアウトドアの世界へ踏み出せるようなブログにできればと考えております。

アウトドア以外でも父親目線での全力子育ての様子(大したことは何もやれていませんが、、)もお伝えしていければなと思います!!

満足度満点♪キッザニア 入場編

海外に行っている弟家族が一時帰国したので、どこか一緒に行きたいねーという事で姪っ子(小2)がお気に入りのキッザニアへ!

評判は色々聞いていたのですが、どうせ室内施設でしょと高を括っていました。しかも、結構いい金額取るし。。

あと、キッザニアは基本的に子供の自主性を重んじるので親が手助けできないという情報もあり、次女(年少)が果たして楽しめるかも懸念材料でした。

しかし、行ってみるとクォリティーが半端ない!

小学生低学年のお子様をお持ちの方は絶対に1回は行った方がいい。

入場した瞬間そう思えました。

夏休みとの事もあり、かなり前から予約しないと入れないみたいでしたが、さすがキッザニアに行き慣れた弟。

しっかりと予約を入れてくれておりました。

営業時間が9:00~だったのですが、弟に指定された時間がなんと現地へ6:30!!

え!?予約したのに並ぶの?と聞くと、姪っ子曰く列の先頭付近にいないとお目当てのパビリオンの予約が出来なくなるんだよと。

実際現地に到着すると既に行列が。。。。

姪っ子ちゃんはかなりキッザニアを研究してるようで、如何に効率よくパビリオンを回るかをすでに計画してるよう。

これはうちの子(特に次女)がついていけるかちょっと心配になったのですが、さすが姪っ子。ちゃんと次女用のプランも考えてくれていました。

並んでいる間に弟と姪っ子からキッザニアの簡単なレクチャー。

どのパビリオンが早めに行かないと予約できないとか、おひるごはん食べるためにモスバーガーのパビリオンを入れようとか、タイミングを見てキッゾを預ける口座を開設したほうがいいよとか、スケジュールカードフォルダーを買った方がいいよなど。。

あっという間に開場となり列が徐々に進みだしました。

ちょっと長くなったので次記事に続きます!

学習机 遂に完成!

長女の入学に際し、何か思い出に残るものをと考え学習机を手作りでつくる決意をして1年2か月。

ついに完成しました!!!!

入学式までに間に合わせようと思ったのに、なんと長女は2年生になってしまいました(笑

この机、一見普通の学習机なのですが、こだわりが詰め込まれた机なのです!!

まず、材料。

引き出しの底板を除いてすべて檜材で作っています。

次に接合方法。

なんと、なんと、釘やビスを1本も使ってないのです!!!

当初は釘でちゃっちゃと作ろうと思っていたのですが、長く使うものだし折角手作りするのだからと思いホゾ組で全て組み上げました。

ホゾ組とは高級家具などに用いられ、ネジや釘などの金具を一切使用しない工法です。
ホゾと仕口部分の加工に手間がかかり、少しでも精度が良くなければ、しっかりとはまりませんが見た目も美しく、強い強度が得られる工法です。

まぁ、素人がこの工法に手を出したため大幅に納期を越えてしましました(汗

そして、仕上げ。

紙やすりで#1000まで磨き上げ、天然荏油でオイルフィニッシュ。

ただ、長女の強い強い希望で引き出しだけ紫で塗る羽目に。

本当は天板を塗りたいとの希望だったのですが、そこは必死に説得をし引き出しで手を打つことに。。。

強度についてですが私が乗ってもビクともしない頑丈なものに仕上がりました。

完成したときは本当に感無量。

しかし、長女は、、、






ニ〇リの机がかわいいから良かったと、、、(泣

まぁ、少し大きくなればお父さんの汗と涙がしみ込んだ机、どれだけ価値があるかわかってくれる日が来ることを祈りながら引き出しを紫に塗りました。。。

因みに材料費ですが工具なども含めると結構いきました。

大工の棟梁に見てもらったのですが、素人でここまで作れるとはと、太鼓判を押していただきました!

そろそろ次女の机に取り掛からないと間に合わないな~

2号機は制作の流れもご紹介できればと考えてます!

ホワイトデー♪


子供たちにバレンタインデーに手作りチョコをもらったので、何か面白いものをと考え、イラスト入りパンケーキを作りました!

イラストはレーザ加工機で印字しました。

子供たちの反応は、とても喜んで食べてくれました。

そして、チョコレートの話に。

「いつも、お父さんってバレンタインチョコあげてもずっと冷蔵庫の中にあるよね(怒」

うーん、そもそもあまりチョコレートを食べないのもあるけど、娘たちが一生懸命作ったチョコをすぐ食べるのがもったいなくて、、、、。

まぁ、今回もらったチョコも案の定冷蔵庫に入りっぱなし。

長女が持ち出してきて、無理やり食べさせられました。

いつまでお父さんにチョコをくれるかな?

節分。鬼が来た!

2016年節分。

鬼が来た!

 

上の子は生気を失い呆然と立ち尽くし、下の子は今まで見たことがないくらいの大泣き!

でも、さすがにお姉ちゃん。

妹を守るため一生懸命豆を投げてきました。

夕方に急にひらめき、かつらと牙と絵具を購入。

子供たちが出かけている隙にまんべんなくペインティング。

初めは筆でチョコチョコ塗っていたけど、面倒くさくなり手でヌリヌリ。

結局赤絵具を3本使い切りました!

塗りたくること2時間。。寒かったー

我ながら突然思いついた割には満足な出来栄え。

 

妹ちゃんはトラウマになっちゃったかな?

 

何はともあれ、例年になく盛り上がった節分でした。

 

家内安全、無病息災。

鬼は~外~

 

船橋三番瀬海浜公園

今年はまだ潮干狩りに行ってなかったなーと思い、潮干狩り&バーベキューができる公園、船橋三番瀬海浜公園に行ってきました。

東京湾に残された干潟三番瀬に隣接しており、潮干狩りができます。

都内から気軽に行けるのと、熊手などのレンタルもあるので気軽に潮干狩りができます。

潮の満ち引きにより、潮干狩りができる日時が決まっているので必ず公式サイトを確認しましょう!

休日は駐車場に入るのにかなり並ぶと聞いていたので少し早めに到着。

その甲斐あってか、すんなり駐車場に入れました。

今回は潮干狩り後BBQをやる予定なのでバーべキュー場へ。

綺麗に整備されていてとても気持ちいい~

当日でも空いていれば入れてもらえますが、あらかじめ予約することをお勧めします。

手ぶらでBBQができる楽チンBBQエリアと機材と食材を自分で持ち込むもちこみエリアの2つのエリアがあります。

区画は場所によっても異なりますが約4m×5m。

一家族でやる分には問題ない広さです。

楽チンBBQエリアでは機材のみのレンタルや食材とのセットプラン等いろいろなコースが用意されていて、コースによっては後片付けをせずそのまま帰れるコースなどもあります。

我が家は今回、持ち込みエリアなので日よけのワンタッチテントを広げ、戻ったらすぐバーベキューに取り掛かれるようにバーベキューの用意して、潮干狩りに!!

バーベキュー場から潮干狩り会場はすぐです。

入口で獲った貝を入れる網をもらって、いざ開始!

入ると干潟で結構大勢の人がすでに潮干狩りを楽しんでいます。

有料の潮干狩り場は大抵貝を撒いているのでまったく貝が獲れない事はまず、ありません。

案の定、少し掘るとすぐにあさりが出現。

なので、小さい子供たちも楽しめます。

3歳の次女も一生懸命探していました。

空の貝殻がそこら辺に散らばっているので、素足では危ないのでマリンシューズなどを履いてやった方がいいと思います。

あと、危険なのがアカエイ。

この時期、水温が高いためアカエイが大量発生します。

この日もやはりアカエイが発生しているようで、管理者の人が海に入ってとっている人に注意を促していました。

アカエイに刺されると激痛と痺れがきます。

血圧低下、呼吸障害、発熱など引き起こします。

万が一刺されてしまったら、時間が経つにつれ毒が回り、痺れたり麻痺したりします。痛みが強くなってくると一人で歩くのも困難になってくるほどなので慌てず速やかに海から出ましょう。

応急処置としては、やけどしない程度のお湯に30分以上浸すと痛みが和らぐそうです。

これはアカエイの毒はたんぱく性で熱に弱いためだそうです。

痛みが和らいだとしても体内に針が残っている可能性もあるのですぐに病院に行きましょう。

そして、結構獲れたので持ち帰る分のあさりを選別します。

なるべく大きいあさりを大体2Kgくらい持ち帰ることにしました。

あと、空のペットボトルを何本か持っていくといいですよ。

空のペットボトルに海水を入れ持ち帰ると、砂抜きなどが楽です。

潮干狩り中も獲れた貝を入れた網を海水に浸しておくと砂を吐いてくれ、すぐに食べられます。

出口でおじさんが計量してくれます。

その際、空の貝殻やシオフキを取り除いてくれます。

手際が半端なく早い。。。

そして、持ち帰り分の料金を払います。

100g80円です。

普通に買った方が安いですが、子供たちがこれだけ楽しめることを考えれば全然安いものです!

そしてバーベキュー。

本当は獲ったあさりを使って味噌汁をつくろうと思っていたのですが、面倒くさくなったので家に帰ってからにすることにしました。

BBQ会場は芝生エリアに隣接しているので子供たちはそこで走り回っていました。

そして帰宅。

天気もよく晴れ渡り、かなり遊びつくした1日でした。

そして、次の日ちょっとした事件が。

朝起きて、何か忘れている気が。。。

そういえば、あさりをクーラーボックスに入れっぱなしだ!!!!

恐る恐る、クーラーボックスのふたを開けると・・・・

うぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドブ川に顔を突っ込んだような強烈な悪臭、、、

そうです。

あんなに子供たちが一生懸命獲ったあさりが腐っていたのです。

死んでいる貝だけ取り除こうと一瞬考えたのですが、全て捨てることにしました。

貝毒は怖いですからね。

あと、この臭いをかいでしまったら、当分貝は食べられません。。。

子供たちに謝り、近々再度潮干狩りに行くことになりました。が、シーズンももう終わっちゃうよなー

それにしても1つも食べられなかったのは悔しすぎます。

BBQの時頑張って使っておけば、、、

持ち帰ったら忘れずに砂抜き&保存をしましょう(泣